力加減を間違えるとown goalしちゃうgame

 

サッカー日本代表、ワールドカップ出場決定ですってね。

おめでとうございます!

非サッカー民の皿あらいです。

 

何せ、スポーツに興味がない自分には生きづらい世の中がまたやってきます(笑)

三十路も超えたし、そろそろサッカーやらゴルフに目を向けて世間に媚びようかしら・・・

とうそぶきつつ

 

 

蹴球関係ないけど理不尽な出来事

 

に遭遇したので、思った事を綴ります。

 

仕事で大きな会議に参加した時の出来事です。

 

各班が日常業務以外の取り組みについて発表する場が催され、

その中でぼくの知ってる先輩が優秀賞を受賞しました。

 

 

何も知らないぼくは、無邪気に

 

『おめでとうございます!』

 

と祝福していたのですが、

 

 

『他人事だと思って・・・』

 

と先輩から睨まれてしまいました。

 

えっ  なんで

 

 

なぜか?

 

どうやら、

この賞を受賞すると、さらに上の部会で発表する為に

今の資料を

5倍にもカサ増しする必要がある

らしいのです。

 

しかも、無給で。

 

 

マジで?とんだ

own goalではないか!!!

 

 

詳しく知る人いわく、

この会議では、

 

①適度に手を抜いて

 

②上から目をつけられない

 

その、 そこそこ出来ないアピール

こそが求められる能力だとか。

 

 

真面目に取り組むほど搾取される。

 

なんのこっちゃ!!

 

 

 

またデジャヴだ

 

そう、ぼくは

前に勤めていた会社でも、

同じ構造を見てきた。

 

①正当な評価基準を持たない上層部

上の目の届かない場所で手を抜く中堅社員

能力のない自分を正当化し、甘い汁を吸う荷物社員

巡り巡ってきた実務に押し潰され、

業務以外に目を向けられない下層社員

 

ぼくは④だった。

 

 

そう、やればやるほど、

ズルい人間に目をつけられ

やらない人のツケを背負わされる。

 

真面目なやつ程バカを見るってより

 

目をつけられない程度にサボる人間が、

得をし続ける社会。

 

ウンザリに思う。

 

 

 

それでも、そんな社会で笑いたい

 

そう

いつだって

真面目な人

不器用な人こそ、

視野が狭くなり落とし穴に落とされる。

 

報われないと思うかも知れない。

 

真正面から、自己嫌悪 受け止めて

『自分のせいだ』って落ち込むかも知れない。

 

 

けれど

 

 

諦めなければ、

いつか必ず、奴らを見返せる日が来る。

 

その落とし穴に落とされた経験も、

 

這い上がった時には違った世界を見せてくれる筈だから、

 

前だけは見続けよう

絶対いい結果が待っているから。

 こんな社会でも、必ず。

 

 

 

そして、今回のことは

先輩、どんまいです・・・(笑)